【接近】二ビル プラネットX【人類滅亡】

シェアする

2017年10月? 惑星二ビル~プラネットX~接近

こんにちは

プラネットX 惑星二ビル~数年前は話題に上がったあの惑星が

またまた来ました 今度の人類滅亡は今年の10月だそうです

その昔 ゼカリア・シッチン氏という方が 太陽系内に、長い楕円形軌道をした3,600年周期の

仮説上の天体が存在する  というのがそもそものはじまり。

1999年も 2011年もさんざん言われたが 何事も無く刻は過ぎました。

しかし 今年の10月頃に最接近し 地球に深刻な影響を与えるというのが

デイビッド・ミード氏です。ミード氏は ニビルが地球に衝突すると確信していると

英紙「Daily Mail」は報じているようです。

スポンサーリンク




「交差する惑星」二ビル

その昔 シッチン氏がシュメール宇宙論なるものの中で明かしたのは

シュメール文明の中に二ビルと思しき証拠物件も存在するとか。

それがこれ

拡大すると・・・・・

このような感じで 惑星が1個多いようです。

二ビル~交差するというのはこういった感じで

私たちの太陽系の「円」を

なかばぶったぎって接近する

3000年周期の軌道だそうです。

避難準備は万全?!

この天体が衝突などすれば 当然人類はオワコン・・・人類滅亡です。

接近し 掠めるだけでも 地震 津波 噴火 想像しうる天災が

超絶なスケールで起こるわけで 生き残れても地球の文明は

オワコン級といったところでしょうか。

しかし どうも「富裕層」は この超絶級災厄に対し

準備万端で臨んでいるらしい というものです

ロバート・ヴィチーノ氏は、この秋に来る“終末”をすでに社会のエリートたちは知っており

数十年も前から着々と準備を進めていると指摘しているようです。

ちなみに このヴィチーノさんはデイビット・ミードさんの10月説よりも

1か月早い「9月説」を謳っています。

一般人はどうなる?(*´Д`)

当然 助けは無いでしょう(悲)

米国コロラド等には有名な地下シェルターがあったりしますが

収容人数などたかが知れています。要人・富裕層で一杯でしょう。

しかし 何事もなく過ぎ去る事を祈りつつ

オカルトネタとしてバラエティに考えていきましょう!

(昨今の異常気象はこれらの天体接近の影響が

出始めているため・・・・という説も・・・・)

ありがとうございました

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク