【初心者向け用語説明・使い方】話題のマストドン

シェアする

こんにちは。

なにやら、巷では「マストドン」なる新SNSが流行っているそうな。

ツイッターのような感覚らしいのですが「新感覚」を謳ってるのもありますが若干細かい所が違うようです。今回は初心者向け~登録から用語解説・注意事項等をざっくりですが紹介します。

スポンサーリンク




マストドンとは?

マストドンの特徴として

① 「フォロー・フォロワー」の関係だけが重要ではない。

ツイッターの場合、どうしても相互フォロー中心に「仲の良い人」との会話・閲覧が中心になりがちですが、マストドンの場合はフォローも有るのですが、それ以上に大きな特徴は「インスタンス」というグループが多数存在します。

②サーバー毎に誰でも立ち上げられる?

「インスタンス」というのは「サーバー毎に自由に立ち上げる事が可能!」的な説明をよく見かけますが、初心者やPC苦手な人には「?」だと思います。

とりあえずは、自分でサーバー管理できる人が管理人になれるんだなぁ、程度で覚えておくと良いと思います。自分でレンタルサーバー借りてブログをやってみよう!という意欲が有るくらいの人なら、努力と根性で何とかなります。色々サーバー会社はありますが、こちらはさくらインターネットの例ですが、興味がある方はご覧になって下さい。

※サーバー関係初めての方は、なかなか踏み出せないと思いますが、実際は「面倒なだけで1つ1つは簡単。」なので、サポートに聞けば何とかなるレベルかと思います。ただネックは有料なのです(笑)

③インスタンス=「市町村」

そして、この「インスタンス」というグループは、早い話「ネット上の市町村」みたいなものでしょうか。それぞれユーザーが興味のあるインスタンスへ登録します。地域だったり、趣味だったり、仕事だったり、マニアな事だったり(笑)

そして、それぞれのインスタンスをローカル」、他のインスタンスを含めると連合と言ったりします。

オンラインRPG(MMO)で言うと

ローカル→ギルドとかフリーカンパニーとか。

連合→ユニオンとか、グループが集まった大きい組織、といった感覚でしょうか。

あるいは、FF14やドラクエ10で言うと、インスタンスそれぞれが、〇〇鯖(サーバー〇〇) と言えばイメージしやすいでしょうか?

ツイッターでもツイート内容のタイムラインは表示されますが、マストドンの場合は自分が所属するインスタンスのみ(ローカルタイムライン)や他のインスタンス群のも、ごっちゃで見れる(連合タイムライン)の2つがあります。画面上ですぐ切り替えられます。

さっそくやってみた(登録)

まず、アカウントの作成。ここでいきなり注意しなければいけない事が。

これは重要なので覚えておいてください。

①アカウントの削除ができない

将来的にどうなるかはわかりませんが、現時点で「アカウントの削除」がマストドンはできません。

メールアドレスでアカウントを登録しますが、今使ってる主メールアドレス等で登録たら、もう解除できないという可能性があります。実際にマストドンをやってみて、1か月位でやめてしまった場合、主メールアドレス&アカウントが登録されたまま解除できないままずっと残る、というのが嫌な人は「捨てメールアカウント」等を新たに作って登録する事をオススメします

②アカウント情報は注意

アカウント情報には注意が必要です。ツイッターだと、既にご存知の通り巨大企業Twitter社が管理・運営しているという点では、安心感が有ると思います。どの業界もたまに個人情報流出うんぬんとか、色々ありますが基本的には「デカイ会社だから意図的に変な事は無いだろう」という安心感というか保証というか。

しかし、マストドンの場合運営・管理はそれぞれのインスタンス管理者=個人ユーザーも多い、という点ではアカウント情報には注意が必要となります。悪意のある管理者の場合は、アカウント情報・パスワードを抜かれる可能性と、例えば、普段使ってるGメールでマストドンに登録した時、何気なくパスワードもGメールのパスワードと同じにしてしまった場合は、マストドンのみの不正にもならず、その普段使っているGメール自体も不正にログインされたりと、危険です。

しかし、こういった事象は、オープンソースであるのと、見知らぬ個人のサーバーに登録するというのは、マストドンだけに限った事ではありませんので「マストドンだから危険」というわけではありませんので、そこは誤解しないでほしい所です。

心配だけどやっていみたい、という人は

■「アカウントは捨てメールを作って登録」

Gメール・YAHOO・GOO他、何でもいいです。私は別個にGメールを作りました。

■「パスワードは、他の重要なパスワードと同じものにしない」

捨てメールのパスワードとも別の全く新しい、今まで使った事が無いパスワードで登録する。

これやっとけば、とりあえず安心ですし、よほど個人情報を普段からさらす言動をしていない限り、いつやめてもそれほどリスクはないでしょう。全ての管理者が悪意あるわけでもありませんし、そういう人はごく少数だとは思いますが、心配な人はこの辺は忘れずに覚えておきましょう。

用語とか

だいたいこんな感じなのですが、かなりツイッターと似た感じですので、ツイッターをした事がある人なら慣れるのにそれほど時間はかからないと思います。

打てる文字数は500文字。ツイッターよりかなり多く打てますね。

そして、左側に並んでる3つのアイコン。

左のカメラマークで画像挿入。

その隣が「NSFW」=フォロワーだけとかタイムラインで表示しないとかを任意で決める事ができる。

一番右が「CW」=他のユーザーは、クリック(タップ)しないと表示されない。ネタバレ禁止とか。18禁系とか。

はっきり言って、↑ここさえわかってればとりあえず、何とかなります(笑)

ツイッターやラインをやった事あれば、尚更慣れるのは早いと思います。

まとめ

まとめですが、マストドンはまだ日本で発足したばかりの新SNSです。将来ツイッターに代わるものになるのか?はわかりませんが、現時点では、上記の注意点を守っていれば手軽に楽しむことは可能です。

また、ドワンゴ(ニコニコ)をはじめ、企業によるインスタンスも増えてきています。やはり気を付けるのは、個人運営レベルのインスタンスのセキュリテイー(プライバシー)でしょうか。そこさえ押さえておけば十分楽しめるツールだと思います。企業によるインスタンスは当然安心面も増しますし、今後世一層普及していくのかなぁ、と思いますのでぜひまだ創世記の今だからこそ、オタメシで使ってみてはどうでしょうか?

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク