櫻子さんの足元には~ドラマ第四話以降の予想【ストーリー仮説】

シェアする

注:若干のネタバレを含みます。



画像引用:フジテレビ  太田紫織/エブリスタ/KADOKAWA

こんにちは。
櫻子さんの足元には~のドラマ第二話ラストで「三姉妹」の影が。磯崎 齋が写真を眺めていましたが、その写真の裏には「三姉妹」の文字が有りました。

第三話では、櫻子さんの恩師、佐々木先生の話でした。こちらの話はアニメとは若干違った展開になってしまい、多少違和感も残る所ですが、何とか無難に抑えたとも言えます。

何にしても原作やアニメとは「別物の作品」として見れば楽しめます。というかそれしか無いです(笑)

ドラマ第四話 原作との違い

ドラマ第四話。予告を見る限りは原作の「薔薇の木の下」が土台なのかなぁ?と思います。

アニメ版では登場しないエピソードでしょう。

千代田薔子という女性が登場します。アニメ版では「呪いの絵」の話のラストでチラっと出ます。櫻子さんの幼馴染・古くからの知人というのは、原作・アニメ・ドラマ共通のようです。原作設定は千代田薔薇園のオーナー。そして原作では「降霊会」という催しが行われます。出生者は地元の有力者など。そこで「降霊のトリック」を暴いて、真実とは言え結果皆が不幸になり若干後味の悪い話になるような感じだったと思います。

これがドラマ第四話では、降霊会が千代田薔子の父親の「誕生パーティー」になっているようです。出席者は子供たち(=千代田薔子の兄弟5人)+櫻子さんたちのようです。そして遺産相続っぽい展開になり、翌日父がお亡くなりに・・・という、もうドラマの王道路線を予想させます(笑)。櫻子さんが犯人捜しをする事になるのでしょうか?。私はコナンくんを呼んだ方が早いと思います。

また、刑事の山路輝彦(髙嶋政宏)の過去の話が登場します。弟のカタキを探している刑事という設定のようです。これもドラマオリジナルでしょう。そしてそのカタキというのが恐らく「蝶形骨」をコレクションしている犯人=原作・アニメの「花房」だと思われます。

これはこちらの記事でも書きましたが、花房のキャラを「誰がどう演じるのか?」がカギになると思いますが、最近では「ここまで設定変更するのだからもしかして・・?」という一つの仮説があります。それは・・・

スポンサーリンク




仮説

その仮説というのは

①「花房」はドラマでは登場しない

②真犯人は「磯崎」(上川隆也)

というものですが、ハズレたらごめんなさい。わたしこういうのは結構ハズシます(笑)

特に根拠らしい根拠も無いのですが、理由としては

■原作無視でも何でも良いからサプライズが欲しい

■上川隆也さんの役者ぶりが、真犯人とは思わせない、ややコミカル系になっているのが余計にギャップがあり好都合。

■「真犯人の影」をチラつかせるには、もう若干遅い気がする。蝶形骨や設楽教授を使って「話」としてチラつかせてはいますが「人物自体」をチラつかせていないので、10話前後のドラマとしては5話以降からチラっと登場し始めても「薄さ・急ぎ足感」が目立つのではないか?。ゆえに、既存の登場人物の中から真犯人をサプライズ選定。

といった、まったく根拠のない独断と偏見の仮説です。(笑)

もし、少しでもかすったら褒めてください(ヲィ)

これまでのまとめ

ドラマ櫻子さんの足元~の今後予想にあたっては、これまでのまとめ&予想・検証も参照していただければと思います。

【ドラマ感想と予想】櫻子さんの足元~【アニメ終盤が早くも登場?】

②【櫻子さんの足元予想】早くも三姉妹の登場?【ドラマとアニメの違い検証】

③【ドラマとアニメ】櫻子さんの足下には死体が埋まっている【登場人物検証】

残された話数の中で、毎回の土台ストーリーに何を持ってくるのか?

そのあたりから考えると、ドラマではいわゆる「刑事もの路線」に割かれる時間と、オリジナル設定に割かれる時間などがあるので、あまり「深い話」は薄くなって駄作になってしまいます。

正太郎くんの「おばあちゃんのプリン」の話は、やるんじゃないかなぁ~などと思ったりもしています。藤ヶ谷太輔さんを前面に出したい大人の陰謀(笑)

どうも私、最近性格が輪をかけて捻くれてきているので、勘ぐってしまう傾向にあります。年はとりたくありません。はい。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク