【FF14】光のお父さん・キャスト検証【紅蓮のリベレーター】

シェアする


引用:『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』 ©2017 『一撃確殺SS日記』・株式会社スクウェア・エニックス/ 『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』製作委員会


最近 若葉(新規さん)マークや復帰者マークをつけているプレイヤーをよく見かける気がします
復帰者マークのプレイヤーの方は 紅蓮のリベレーターまでそろそろ1か月ですしね
それで戻ってきた人っていうのも多いかと思うのですが 新規さんも復帰者さんもFF14のブログをドラマ化した『光のお父さん』を見て復帰した・始めたったいう方も多いと思います

TBS・MBSでは4話目が放送されネット配信(Netflix)では世界配信という凄さです!w
放送局も順次追加され我が地域もやっと先日1話目が放送開始されました
やったね!w

スポンサーリンク




キャスト検証

「光のお父さん計画 それは僕が愛してやまないファイナルファンタジーXIVの世界へ父を誘い 正体を隠しながら壮大な冒険を共にする親孝行計画である」

の一文から始まり OP曲がゲーム画面とともに流れてきます

ドラクエシリーズに並びファイナルファンタジーシリーズもプレイしたことはなくても聞いたことのある人はかなり多いと思われるほど大人気シリーズです

主役のマイディーさん(キャラ名)がドラマの原作や原作本にもなったブログ「一撃確殺SSブログ」の管理者さんで実際に今もFF14の世界で冒険を続けています
SS(スクリーンショット)が豊富で見ていてもとても楽しいですよ~
FF14の他にも他のオンラインゲームなどの記事も豊富です

ブログで掲載されていた日記が大人気となってYAHOOニュースでも取り上げられたこともあり書籍化・ドラマ化とメディアからお話があったようです

ブログ掲載された「光のお父さん」の他にもドラマ原作本やドラマ制作のプロデューサー(P)さんやディレクター(D) さんとのやり取りなども「光の○○さん」シリーズで掲載されていて裏舞台も楽しめますw
実にFF14をプレイしていない方も見てるというSNSでの書き込みもよく目にしますね

主演(リアルマイディさん/稲葉光生)は千葉雄大さん
光のお父さん役は大杉漣さん
そのほかにも石野真子さん・袴田吉彦さんなどオンラインゲームの話が原作でしかも深夜枠というのに多くの有名俳優の方々が出演されてます

ドラマの中ではエオルゼアパートと呼ばれるドラマの中で映されるゲーム画面も本当のエオルゼア(FF14の世界)の中でのロケをしたそうです

その中でのキャラを実際に動かしていたのも実際のキャラの中の人だという凄さにびっくり
今エオルゼアパートの中の一番人気はなんと『室町きりん』ちゃん
小さい身体のかわいらしい姿のララフェルという種族です

そう言えば・・・・似たような立ち位置の種族キャラをどこかのMMOで見たような・・・w
ドラマの中の光のお父さん(インディー)のアフレコも大杉漣さんがされてましたね

FF14ユーザーも原作ブログのファンの人のほとんどがドラマを楽しみにして見ているようなのでかなり好評な感じなので これは深夜枠じゃなくてもFF14をプレイしたことなくても十分楽しめるのでは? と思ったのですが実際のFF14ユーザーの声は賛否両論のようです

実際のゲームでは自分のキャラがしゃべることはなくすべてチャットでの文字のやり取りなのに対してドラマの中ではプレイヤーキャラに声があてられしゃべることに違和感を感じる人もいるみたいです
自分的にはそれはそれでまた楽しいと思うのですがw

ちなみにエオルゼアパートのマイディーさんのキャラは実際に動かしているのは本物のマイディーさん自身なのですが声の担当は現FF14プレイヤーでもある声優であり歌手の南条綾乃さんです

南条さんは公式で「エオルゼアより愛をこめて」というWebラジオの番組もされてます

紅蓮のりべーレーター発売も6月20日発売予定 予約特典のアーリーアクセス(発売日より少し前の6月16日から紅蓮のリベレーターをプレイできる権利)と、もうまもなくです
新ストーリー 新ジョブ 新マップ 泳げるようにもなるし たのしみですね~!

ゲームの方は、こちらの記事

【FF14 ベンチマーク】 紅蓮のリベレーター【新ジョブ 新髪型 新スキル】

【スクエニFF14続報】紅蓮のリベレーター【新マウントは鳥?】

でも書きましたが、新たな描写が本当に待ち遠しいですね~

やはりサムライは前評判もかなり良いみたいです。トレーラー(PV)を見ても抜刀術はカッコ良すぎなのでユーザーもかなりの数になるのではないでしょうか。

ありがとうございました。

©SQUARE ENIX ©2017 『一撃確殺SS日記』/『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』製作委員会 講談社

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク