【お父さんは知っておきたい!】北海道旭山動物園での心得【裏の注意事項】

シェアする

北海道旅行を計画してるやつら集まれ!。この春~夏にかけての候補地は決まったか!?

今日はとっておきの候補地を紹介するぜ!ちょっとテンションがハイだぜ!

まずはそのまえに

北海道定番オススメ観光地 ベスト12!

①位:旭山動物園

②位:洞爺・層雲峡・登別の各温泉

③位:函館の夜景&五稜郭

④位:知床公園・五湖

⑤位:北海道神宮

⑥位:摩周湖

⑦位:大通公園&時計台

⑧位:富良野ラベンダー系

⑨位:雨竜町のひまわり

⑩位:白老町のアイヌ民族博物館

⑪位:小樽運河

⑫位:羊ヶ丘展望台(少年よ大志を抱けのやつ)

ちなみにこれは、俺の知人(北海道民21人)がパっと思いつくおすすめ観光地を「1つ」挙げたものだ。つまり12人分。残り9人はなんと「同じ所」。それが隠れたオススメ名所だ!

たぶん道民はみんな知ってるから「隠れでもなんでもないじゃねーか」とかのツッコミは言わないでね!。

ところで、旭山動物園は言うまでもなく超有名で365日込んでるんだが、何が大変って動物園そのものが混んでるのよりも「たどり着くまでが死闘」だと思った方がイイぜ!ピークだと、ちょい距離離れた所から歩いた方が車より早いかもだ。何せ渋滞で進まない。いつ行っても。

あと、年に2回以上行くなら年間パスポートが超絶オトクだ!

●通常料金=大人820円

●動物園パスポート(年間パスポート)=1,020円

市内各所でも売ってるから、あらかじめ年間パスポートを購入してから突撃すれば、あの券売所の長蛇の列での「貴重なムダな時間」を節約できるぜ!

今どーなってるか知らんが、詳しくはこっちだ!

→旭山動物園 入園料・券売所

いいか、あそこは規模こそ小さいが、地域自体小さいから言ってみれば「東京ディズニーランド」の縮図だと思えよ。イメージとしては、1万人収容可能の所へ2万人訪れる場合、施設やインフラ・道路はそれなりに整備されている。誘導やルールもそれなりにマニュアル化している。

しかし100人収容の場所へ200人訪れると、まず周辺がマヒする。ルールやマニュアルが有る程度完成されてきても、元々の規模を考えると、多勢に無勢?違うか、焼け石に水?のようなものだ。誘導員さんも頑張ってるんだけどね!なんせ有名になりすぎて交通事情が追い付いていないのが率直な感想だ。改善され・・・るのか?

しかしあわてるな。そんな旭山動物園も先程言ったように「東京ディズニーランド」の縮図のようなものだ。つまり、「朝 こっ早くから行動開始!」開園が9:30なので、可能であれば8:30過ぎくらいにはゲート前でスタンバイだ!パチンコの新台入替と同じだぜ!

交通も早朝なら、昼と比較にならない位有利だ

俺の場合は、渋滞の車が進まなくて時間だけが過ぎていくアノ感覚が超絶嫌いでストレス半端ないので、朝7時からブラブラ並んでる方がマシだぜ!

おっと、旭山の説明に熱がはいっちまった(笑)他にもオススメがあるぜぃ。行くときは是非参考にしてくれ。

→【家族で動物と遊べる】北海道の隠れた名所【おすすめスポット

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク