地震情報~長野群発から福井沖M5.0、埼玉南部M4.0【活性化は前兆?】

シェアする

大分県の地割れも続く中、長野県の群発となんだか騒がしくなってきた感じがします。

こちらの図は、中央構造線(赤線)、静岡・糸魚川構造線、新発田小出構造線・柏崎千葉構造線(青線)になりますが、青線で囲まれた肌色の部分がいわゆる「フォッサマグナ」というものです。この中央構造線の南側に並行する形でフィリピン海プレートが、ユーラシアプレートに沈みこもうとするわけですが、これが「南海トラフ」というものです。(断層だらけだな、大丈夫か日本)


こうしてみると、こちらの記事でも書きましたが

→【太陽フレア】南海トラフはいつ?熱移送説は?【巨大地震前兆】

日本列島というのは、世界でも本当に特殊な地域であると再確認させられます。

長野群発地震

「構造線」というのは「大きな断層」つまりこの近辺は、大地震が起きるであろうと予想される場所になります。上の図2つを見れば長野県がピンポイントであるのは、素人でも誰でも見れば一目瞭然でしょう。ですから、群発が起きれば地震関係者には緊張が走ります。

2017年5月27日 22時14分長野県北部2.41
2017年5月27日 22時09分長野県北部3.11
2017年5月27日 21時14分長野県北部2.01
2017年5月27日 21時07分長野県北部2.82
2017年5月27日 21時03分長野県北部3.93
2017年5月27日 18時52分長野県北部1.91
2017年5月27日 18時21分長野県北部2.52

311の時は、あの「津波」に報道の目が奪われてしまい、あまり注目されませんでしたが実は、ほぼ同時期に長野で震度6が発生しています。

長野県北部地震 (2011年)2011年3月12日

「何かの影響を受けやすく」「何かに影響を与えやすい」ものと考えられます。この群発がこれで終わる事を祈りましょう。

スポンサーリンク




さらに、福井沖 M5.0

さらに

2017年5月27日 22時54分福井県沖5.02

こちらが発生しています。

福井県は、稼働はしていませんが「高速増殖炉もんじゅ」もあり、こういうのがあるとドキっとします。稼働はしていなくても、もんじゅは今大変なのです。

さらにさらに、埼玉南部 M4.0

埼玉南部でM4.0。人口を考えると結構当事者の方がいたのではないでしょうか?

2017年5月28日 15時22分埼玉県南部4.02

ただ、こちらは震源深さが「120km」と深発です。

→地震情報~大分の地割れや不気味な深発地震は巨大地震前兆なのか?

こちらの記事でも書きましたが、「深さ」ってなかなか注目されませんがこういうレアなのが来ると、警戒はした方が良いと思います。

前兆なのか?なんなのか

最近、希少深海ザメの「メガマウス」が現れたり、大分の地割れだったり、長野の群発だったり、北朝鮮のミサイルだったり 色々と騒がしくなってきました。

いざ、巨大地震が起きた時の備え・知識は普段から培っていたいものです。

地震最中はパニック状態になるのはもう、しょうがないのかなぁとも思いますが、例えば地震が収まってからの「2次災害」~電気を入れてからの火事~などは冷静に正しい判断ができれば防ぐ事ができます。

なんにせよ「防災意識」というものは日々怠らず培っていきましょう。

こちら地震ではありませんが、参考にして頂ければ幸いです。

→核の傘が崩れる時~有事の際に家族を守る。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク