宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち 第三章【旧作との違い②】

シェアする

宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち 第二章 発進篇に続き

第三章「純愛篇」が 10月14日(土)より公開されますね!

どういった展開になるのか?旧作との違いは?テレサはやはり全裸なのか?(ヲィ)といった所が私的に注目なのですが、皆さんはどうでしょうか?

また、旧作ファンのココロをがっちり掴むような描写も色々見られます。

スポンサーリンク




旧作との比較

これはもう、旧作を知るファン層であれば「ああ、ここ見たよなぁ~」的なオマージュ感が湧き出てきます。ホントうまい(笑)

まずこちら。上図は新作2202。「沖田艦長ぉ。ご覧なさい、あのハイカラな都市を~」の名場面ですね。お次は旧作での場面。

こちらが旧作。けっこう似せてあります。アニメ界の作画進化が如実に表れています。

旧作・新作の作画に賛否はあるでしょうが「時代だなぁ」と感じさせられる場面でもありました。

お次はこちら。

こちらは2202の新作の方。アンドロメダがテスト航海から帰ってきて「ばっかやろぉ~」の場面ですね。

こちらが旧作。叫んでいたのは相原か南部か?どっちだったけ。忘れましたわw

旧作当時、新造戦艦アンドロメダという、見るからにヤマトより格上っぽい外観。特に一目でわかる「拡散波動砲」~小学生でも波動砲がx2個=スゲーんじゃね? という期待。

しかし、最新鋭システムで全自動化されたアンドロメダ艦内を、真田さんが古代に案内・説明した際に呟いた

「この艦では、敵に勝てない」

この伏線が旧作では、結局それほど意味はありませんでした。

血の通わない全自動化による中央管理制御の戦艦。彗星帝国との戦闘ではそれゆえの失敗・敗退などは描かれませんでした。それは

①設定の甘さ

②土方艦長が優秀だからカバーできていた

旧作ファン的には②と思いたいところです。

第二章

第二章は、第六話「死闘・第十一番惑星」までですが、私はまだよく知らないのですが、恐らく第11番惑星で斉藤を乗せる所あたりまででしょうか?そこで何をどうアレンジして繋げていくのか?

旧作の煮え切らない・辻褄があわない・謎だった部分~などなどが、2202では「ああ、そういう事ね!」という、ある種ムリがあるような解釈でも私はそっちにも注目したいと思っています。

例えば、旧作のファーストでは、初期のガミラス人は皆「地球人色」でしたが途中から突然おなじみの青色に変わったのはご存知かと思います。デスラー総統などは、ガミラス星の中央会議室へ赴くため、歩いてる途中に突然肌色→青色へ変わります。

ちなみにヒス副総統は、最初「ピンク色」でした。デスラー総統やその他は肌色。ヒス副総統はピンク。

そして後にヒス副総統も、他の面々に合わせて青色に。ガンダムの「赤」のような理由でしょうか(笑)

しかし、当時旧作を見ていて思ったのですが

ヒス「副総統」なので、他の将官クラスの中でも格上なのだろう。しかし、青くなってからは、他の将官と服装も変わらず。おまけにイエスマン。能力的には低い。恐らく美味しんぼの富井副部長のような感じ。部下にはキツイ。でも本当はきっとイイヤツなんじゃね?

などと思っていました。そしてリメイク2199。

やっぱり本当は優しかった!予想通りだ!

元気かな。ヒス副総統w

以下、若干のネタバレを含みます。ご注意下さい

第三章「純愛篇」

第二章でもチラっと出ました

「アケーリアス文明」

これはもうあの、完結編の

「Aquarius~アクエリアス」でしょう。

ヤル気まんまんw

とても喜ばしい事です。うん。

え?!沖田艦長いませんが!?( ゚Д゚)

今回は肉体も完全にねーYO!

どうつなげるのか?アケーリアスとは?アクエリアスとは全く別物で、今回の出オチで終わり、完結編までは続かないのか?!

恐らく、沖田艦長の肉体が存在しない状態にもかかわらず、アクエリアスで完結編を匂わせておき完結編まで、まだまだ先が長いシリーズなので話題を途切れさせない為の伏線か?

などと勘ぐってしまいますわw

※神様パワーで沖田艦長肉体ごとヤマト内から復活&実は肉体ごと、どこかに隠されて治療されていた 系統はやめていただきたいと願うばかりです。

進化する異星人(女性)

しかし、ヒロインというか女性異星人?シリーズ毎に登場する異星人は

①スターシヤ→超進化して悟りを開いた人類。ゆえに神がかり的。

②テレサ→反物質を扱う女性。最強。やはり神がかり的。

③サーベラー →広い意味で優秀な女性。

④サーシヤ→イスカンダル人と地球人のハーフ。超能力者的。

⑤サーダ→中身は見たくない。

⑥ルダ王女→ルダ・シャルバート~もはや神

⑦女王アクエリアス→神?星?そのもの

旧作ではこれほど、シリーズが進むにつれてバージョンアップしていきます。

新作は、もし完結編があるとすれば、どれほどの能力を身に着けて登場するのやら。

今回の2202のテレサも、反物質を使う描写も相当なものとして描かれるであろう事は予想できます。恐ろしい女よ(ズォーダー談)

なにはともあれ、順次公開を待ちましょう!

こちらも御参考ください
→宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章【旧作との違い】

→宇宙戦艦ヤマトの謎③ 驚愕の白色彗星!

ありがとうございました。

動画引用:バンダイビジュアル様
画像引用:バンダイビジュアル様 東北新社様

人気ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち 第三章【旧作との違い②】』へのコメント

  1. 名前:うの 投稿日:2017/10/15(日) 16:11:54 ID:208edf162 返信

    本日ナンバで見てきました。
    戦闘の派手さはそれほどでもありませんでしたが旧作を知ってるおっさんとしてはw
    純愛篇というコンセプトということでは感動する内容ですw
    最後の不意打ちは、誰かの言い草ではありませんが、まさに感謝の極みといった所ですww

    ちなみにスレッド違いで恐縮ですがQC検定3級見事に落ちてますww
    自己採点で総合で50点いってるぐらいかなと思ってましたので…
    当然だなww
    来年3月までまたテキストとにらめっこします。

    失礼しました。m(_ _)m

  2. 名前:黒騎士 投稿日:2017/10/16(月) 10:02:59 ID:f59c0e163 返信

    >うの さん
    見てきましたかぁ~
    私は当分行けそうにありません・・・DVDを待ちます。。。
    「最後の不意打ち」に期待してしまいますw

    QC検定の方も、次回はがんばって下さい!応援しています。