【地震情報】X級太陽フレア9.3 からの巨大地震発生【メキシコ沿岸M8.2】

シェアする

こんにちは

ついにX級太陽フレアの影響が出始める時間帯に突入したようですが

今のところ大きな被害報告は無いようです。ここ2~3日は警戒という事でしたが

言ってる傍から

メキシコ沿岸でM8.2の巨大地震が発生しました。

死傷者も出ている模様で、津波は起きないものの、日本の太平洋沖・北海道沿岸で若干の海面変動が起こるようです。

それにしても

【太陽黒点数の急増】自然災害に要警戒!【9月はヤバイ?】
(c) Andree Wallin こんにちは 9月に入りましたが、ここ最近は特に慌ただしい世の中なんだなぁ、とつくづく...

↑ここで書きましたが、まさかの太陽フレア発生。

「真正面」ではなく若干逸れてくれたおかげで、助かりましたが

もう少し強力な(X級10超え等)太陽フレアで、地球の「真正面」での爆発だったらと思うと冷や汗がでます。

スポンサーリンク




太陽フレアの具体的な「規模」

ちなみに 太陽フレアには簡単に説明しますと、その規模に応じて

X級(強)

M級(中)

C級(小)

と代表的なもので3種類あります。(AとBもある)

「10」で繰り上がるような感じです。

C10=M1 のような。

X2=X1の2倍 M5の4倍 といった感じで概ね良いと思います。

このX級というのがどれほど強烈なものかと言えば

至近だと余裕で地球がまるごと炎に飲み込まれるレベルです。

今回の「X9.3」というのは通常の1,000倍などと言われていますが

単純にX28の約3分の1としましょう。

X28=広島型原子爆弾の10兆倍・・・・

単純計算でも3分の1として3.3兆倍・・・・・

100倍とか1,000倍じゃないです「兆」です。

厳密には違いますが、まぁ、そんな途方もないレベルの「炎の爆発」が太陽で起こっていたんだなぁ、と。

そして「X9.3」の直後に「X2.2」が発生しています。

なんだ。2.2か・・・という数字の小ささで判断してはいけません。

このX2.2でさえ途方もなく大きい。

真正面で吹かれたらどうなるかわからないレベルです。

過去の太陽フレアと地震

巨大フレアの直後に、必ず大地震が起こるというわけでも無いのですが、大型フレアの直後というのは、地球がどんな影響を受けているかわかりません。ゆえに地震は特に警戒、と言い続けているわけですが

2003年11月4日 観測史上・過去最高のX28の太陽フレア発生

イラン南部地震
発生:2003年12月26日
マグニチュード:6.3

インドネシア・スマトラ沖地震
発生:2004年12月26日
マグニチュード:9.0

2005年09月07日 観測史上第5位 X17の太陽フレア発生

パキスタン北部地震
発生:2005年10月8日
マグニチュード:7.6

などが起こっており、偶然の域を出ないものか?太陽電磁波がなにかしら地球へ影響を与えた結果か?は知る術もありません。それに巨大太陽フレアが発生しようが、しまいが巨大地震は地球上で発生しています。

しかし、フレアの規模・地球の地域・地殻・地震の規模、あらゆるデータが複雑に絡みあった結果、巨大フレアの直後は、大きい地震ほど「タイムラグ」が大きいという可能性も否定はできず、そうだとすれば、数年単位で警戒~毎日警戒という結論になってしまうわけです。

結局のところ、先程のX級2ケタの太陽フレアなどは、たまたま横や斜めを向いていたから良かったものの、地球方向・真正面を向いているときに爆発していれば、世界が原始時代へと化していた可能性は高かったと考えると

現代社会というものは、科学万能でありながら、極めて脆弱(ぜいじゃく)なもの

なんだなぁ、と改めて思うのです。

そして、私は9月2日に、ここで書いたように

「おお~久々に大きな黒点だなぁ~ Xクラス吹いたらすごそうだなぁ、って太陽活動停滞期だし。多分起きないだろうけどねー Mクラス位で警戒かな?」

などと、恥ずかしながら軽く考えていたものですが、実際は「現実に起きている」といった次第です。

まさに、天災は忘れた頃にやってくる。地震を忘れたというか、警戒感を忘れた(薄かった)時に限ってこんなものなのでしょう。と、自分を戒めます。

さらに言えば

2003年 2005年の太陽フレアが、その後の2008年(四川)や2011年(311)の呼び水(要因)の一つになっていたとすれば、やはり「自然の脅威」というのは目に見えないものも有るのだろう、と感じます。

おまけに、太陽は2012年から大きな変貌を遂げていたのでした。北極と南極が計4つになってしまいました。

この、変貌を遂げる期間に、何があったのか?はそれぞれ御想像にお任せします。

地球規模に影響を与える太陽・・・なのかもしれないと言う事です。

しばらくは、警戒を怠らずに

加えて

2017年9月8日 14時24分熊本県熊本地方4.14
2017年9月8日 2時33分小笠原諸島西方沖6.13

しばらくおとなしかった、熊本もご覧のようにやや中規模の地震が発生しています。

そして小笠原諸島。これが巨大フレアの影響か、偶然かは人それぞれ思う所ですが

6日以降、メキシコのM8.2を含め突然活性化しだしたのは、偶然で済ませるのは危険だと思っております。証明は難しいけれど、現実に起こっている。

南海トラフが影響を受けて、活性化する可能性も有る。より大きな力を蓄えて沈黙する可能性も有る。信じるか信じないかは貴方次第です、的ですが・・・。

しばらくは、より警戒感をもって過ごしたいと思います。

ありがとうございました。

(おっと・・・明日はミサイルかな?)


自然災害ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク