【太陽フレア】黒点情報 続報③【地震前兆】

シェアする

太陽黒点 静穏化に向かう?

太陽黒点も、一過性の急変のようでしたが

こちらの記事での予測 は

2017年4月12日 23時00分奄美大島北東沖4.82
2017年4月12日 3時14分茨城県南部4.53
2017年4月10日 3時14分宮城県沖4.32
2017年4月9日 7時24分福島県沖4.93

と、このように

大きいもので M4.9程度と

予測はハズレました。

大きな災害も無かったということで、安堵するべき所ですが

地震と太陽の相関を調べるという点について言えば

まだまだ、要因の分析が必要なように思います。

また、4/13日現在 トカラ列島で小規模の群発地震が

発生しています。ここはよく群発が発生します。

地震と「頭痛」

逆に言えば、今回の太陽黒点急増に、我が家の

「人間体感機」の「いつもの頭痛」がリンクして発生はしていなかった

という点では、頭痛がある意味「大きなキーポイント」要因である

という事の証明へと一歩近づいたとも思いますので

次回、いつになるかはわかりませんが

恐らくは近い将来

「頭痛」+「太陽黒点増加(F10.7増)」の時に

どういう結果になるか?を随時追っていきたいと思います。

スポンサーリンク




傾向まとめ

前回の記事で、4月10日±3日 としましたが

この期間中に

■M4.0超が4回

■トカラ列島群発

というのが、多いのか?こんなものなのか?は

なかなか難しい所ですが

なにかこう、太陽が「くすぶっている」というのと

大地が「くすぶっている」という事が共通しているように

わたしは感じます。

また、こちらは行徳地震前兆観測プロジェクト 様のFM電波観測データです

波的には収束方向でしょうか、こういう状況後に警戒した方が良いという

声もあります。

今後の地震や噴火にも注意しつつ

防災意識を高めていきたいと思います。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク