QC検定3級【超初心者の裏技暗記】

シェアする

丸暗記でもいいから まずは「知る」

皆さん、QC検定(品質管理検定)の勉強は進んでいますか?半年に2回なので、終わった時から既に次への備えは始まっています。

今回は、割と覚えずらくて有名な

・「QC七つ道具」

・「新QC七つ道具」

こちら2つの暗記方法です。

邪道系のただの丸暗記です。

化学の「すいへーりーべー」

√(ルート)の「ふずさんろく」

みたいなものです。

とりあえず

QC検定への、拒絶反応が原因で

「1つも覚えられんわ!」的な人には参考になるかもしれません

なにせ、1つも「言葉」自体を知らなければ、問題の解きようもありません。

スポンサーリンク




QC七つ道具

実はこれ、けっこう曖昧で「7つ」なのか「8つ」なのかはっきりしません。

① 層別
② パレート図
③ 特性要因図
④ 散布図
⑤ ヒストグラム
⑥ 管理図
⑦ チェックシート
⑧ グラフ

というのは、上記の⑧を⑥に含めて「管理図・グラフ」

だったり、上記から単純に①か⑧を削除して7つにしたり、と。

テキストや書籍資料によって様々だったりします。

少なくとも上記8個を知っておけば間違いないのですが

とりあえずは、私の独断と偏見で

① 層別
② パレート図
③ 特性要因図
④ 散布図
⑤ ヒストグラム
⑥ グラフ・管理図
⑦ チェックシート

の7つとします。これで十分です。

暗記の仕方①

それでは本題の暗記方法(邪道)です。

まずQC七つ道具から。

「 特 パ 愚 痴 悲 惨 層 」( と く ぱ ぐ ち ひ さ ん そ う )

と呪文のように唱えます。なんとな~く全くの無秩序な語呂合わせでもなく、人によっては上手く連想できるとも思いますので(笑)うまく活用してください。

特=特性要因図

パ=パレート図

愚(グ)=グラフ・管理図

痴(チ)=チェックシート

悲=ヒストグラム

惨=散布図

層=層別

多少入れ替えて、それぞれ覚えやすいように、アレンジも良いです。

暗記の仕方②

次に、新QC七つ道具です。

① 親和図法

② 連関図法

③ 系統図法

④ マトリックス図法

⑤ アローダイアグラム

⑥ PDPC法

⑦ マトリックスデータ解析法

こっちは、この7つそのままです。

若干「しも」の雰囲気がありますが、気にせず。

QC七つ道具よりもやや、覚えやすいです(笑)

「 親 連 携  マ マ  ア ! P」

(おやれんけい ママ あ! P)

親=親和図

連=連関図

携=系統図

マ=マトリックス図

マ=マトリックスデータ解析法

ア=アローダイヤグラム

P=PDPC

うまく、何となくでも、覚えたら

ほんっとーに覚えきれない人で、思い出すことは出来る人は

これを、試験が始まったらすぐ、問題用紙の端っこにでもササッっと書いてしまいましょう。

他の公式も同様です。

そうする事によって、緊張やパニックで「単語自体」を忘れてしまうと言う事を

防ぎましょう。

なんども書きますが、半年後への備えはもう始まっています。

日々、5分でも10分でも良いので

休み時間や、寝る前でもいつでも良いのでとにかく

毎日、QC検定に「さわる」ようにしましょう。

半年後の「何もしなかった時」に比べたら、個人差はありますが

効果は明らかに違います。

試験うんぬんを別にしても、QC手法を知る、という点では

決して無駄にはならないはずです。

是非、みなさん頑張ってください。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク