【太陽フレア】予知できるか【巨大地震前兆】

シェアする


太陽フレアと地震

最近の傾向として、太陽が「おとなしすぎる」日が続いているのでした。

3月6日から3月20日まで15日間、太陽黒点が「0」の日が続きました。

ちなみに 2016年の抜粋ですが

 日付黒点数F10.7震源地マグニチュード震度
2016/8/211177三陸5.93
2016/8/223380宮城沖5.23
2016/8/234781与那国4.72
2016/8/244378奄美大島4.42
2016/8/253979宮城沖3.81
2016/8/264482鳥島近海6.12
2016/8/275284茨城南部4.13
2016/8/286485新島3.63
2016/8/296788北大西洋7.4
2016/8/3064100福島沖4.32
2016/8/319198茨城沖4.92
2016/9/16695熊本4.74
2016/9/25095Nランド7
2016/9/34699紀伊水道42
2016/9/45997熊本3.93
2016/9/52294宮城沖3.11
2016/9/63292熊本33
2016/9/75093茨城南部4.94
2016/9/84995奄美大島4.52
2016/9/96591茨城沖5.23
2016/9/106693奄美大島4.23
2016/9/116386福島沖4.53
2016/9/125787朝鮮南部5.73
2016/9/132786埼玉南部4.83
2016/9/142485熊本2.42
2016/9/151284長野南部3.52
2016/9/161384茨城沖31
2016/9/171480千葉東方沖53
2016/9/184783トカラ列島4.31
2016/9/195683朝鮮南部4.41
2016/9/203285岩手県沖4.73
2016/9/213586鳥島近海6.31
2016/9/223085富士五湖2.91
2016/9/234986関東東方沖6.51
2016/9/244785茨城北部3.72
2016/9/251885津軽海峡3.72
2016/9/26沖縄近海5.75弱

このように、数年前の黒点数「100超え」からみればおとなしい方ですが

それでもまだ、今よりは遥かに活動的だった事がわかります。

そして、ここ最近の傾向が

 日付黒点数F10.7 震源地マグニチュード震度
2017/2/283982福島県沖5.65
2017/3/15581福島県沖4.83
2017/3/25279日向灘5.24
2017/3/33678根室半島南東沖4.83
2017/3/4075福島県沖4.21
2017/3/51173千葉県北東部4.73
2017/3/6072福島県沖41
2017/3/7072三陸沖4.51
2017/3/8071青森県東方沖4.93
2017/3/9071熊本県熊本地方2.11
2017/3/10071三陸沖4.41
2017/3/11070福島県沖41
2017/3/12070福島県沖5.34
2017/3/13070三陸沖4.51
2017/3/14070日高地方西部4.53
2017/3/15070千葉県東方沖3.82
2017/3/16071沖縄本島近海42
2017/3/17071種子島近海4.82
2017/3/18070三陸沖4.61
2017/3/19071千葉県北西部3.51
2017/3/20073福島県沖41
2017/3/211271福岡県北九州地方32
2017/3/221273福島県沖4.72
2017/3/231272宮城県沖3.92

このように黒点数「0」が続きました。

私の独断と偏見では、太陽の状態がリアルタイムで「観測」されて、それが

①地球に影響を与える(届く)タイムラグはおおむね2日±1

②その後地球・地殻に影響を与えるのにα日(5~7日)ここが生もののようで

なかなかつかめませんが、だいたい上記DATAの日付数値は1週間~10日後に

影響があるのかなぁ、などと思っております。

つまり、2月20日頃の黒点・F10.7活性化数値は、2月下旬~3月上旬の

マグニチュード(M)4~5の多発。

そして今月3月中旬からの黒点数0 F10.70の静穏状態の反映は

3月17日頃~今月末くらいまで小規模地震として反映されM4以上の頻度も減っています。

それにリンクして、我が家の人間体感機の頭痛は3月殆どありません。一昨日3月22日に

30分位「少し痛い」と言ってた程度。(おそらく2日酔いでしょうw)

※確たる根拠もないので、個人的な見解と今後の予想です

まだ部分DATAですが、人間が感応的にわかる指標としては

マグニチュード(M)と太陽活動の「関係」が示されるのが良いのかな?と。

震度だと震源地・深さでムラや誤差になりかねず、やはりMが良いのかな?と。

そしてDATA分母が少ないので、オカルトや偶然の域を出ませんが

オモシロいのは

説明は割愛しますが、2010年~2017年のとある特徴期間の時期の2か月を比較し

①黒点数ーM

②F10.7-M

③(黒点数+F10.7)-M

の3つの相関を調べました。すると

黒点-M相関係数-0.4412
F10.7-M相関係数-0.75136
(黒点+F10.7)-M相関係数-0.59632

と、このような数値になります。

相関係数に関しては、いまいち解釈が業界・個人で曖昧なところもあって

アレなのですが、一般的に±0.6~±0.7以上あれば関係が深いと言われます。

(0.4~0.5でも何かしら関連がある、とする人や書籍もあります)

このことから、黒点数そのものよりも、F10.7はかなりアテになる数値なのかな

と思う次第です。

しかし、ただの偶然かもしれませんし、あるいは個人的に思うのは

「人間がスゴイと思うようなマグニチュードや震度というものは、地球規模(惑星意識)のものからすれば、例えばM4とM7などは誤差でしかないのでは?」

という事はしばしば思います。

今の私たちの感覚としては

・マグニチュード(M)1~3程度ではニュースにすらなりません。

・M4~M5で震度4~5程度で、TVの字幕テロップがしつこく繰り返される。

・M6を超えて震度6以上で震源地域にもよりますが「番組を中断して」といった感じでしょうか?

人間社会にとって、M5とM7は雲泥の差なのです。

あまつさえ記憶に残る311のM9等は文字通り人間社会を一時的にぶっつぶしました。

もしかすると、地球意識からすればM7とM9すら誤差でしかないのかもしれない。

そして地球が「もたない」と言われる、人間が言う「M10~M11」

この範囲が地球にとっての誤差とは言えない正確な「痛み」だったとしたら

私たち人間がやってる地震予測というものはつまるところ、人間で言えば

スリ傷か切り傷の違い程度の予測で

当たった 外れた などは

「それは切り傷!」「いや!すり傷だ、出血が顕著ではない!」

などという、地球からしてみれば、どうでもよいくらいつまらん議論に見えるでしょう。

とは言うものの、それを言っていては本末転倒で予測の意味も、予言の有難みも

なにも無くなってしまう(笑)

ので、今後も淡々と続けていきますし、地震予知・予測を手掛けている

諸先生方にも頑張って頂きたいと思っています。

やっと今後の予測ですが、上記法則に則ると、今週~4月1日頃までは大き目の地震は無く

今週から出始めた黒点とF10.7、特にF10.7が80に近づく・はたまた超える位になれば

4月10日頃に大き目なのが来るのではないかと思います。

国外の場合、南半球~オーストライア・スマトラ近辺だとM8級

国内だと震度5強以上もあるかも。といったところです。

願わくば、当たらない事を祈ります。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク