【太陽フレア】黒点急増 続報②【地震前兆】

シェアする


ここへきて、太陽活動は再度の収束傾向にあります。

最近10日間の観測値
データ日: 20170406 (UT) ©NOAA/SWPC
年月日(UT)黒点数 F10.7
2017年03月28日 51 84
2017年03月29日 53 83
2017年03月30日 33 86
2017年03月31日 65 91
2017年04月01日 79 101
2017年04月02日 75 112
2017年04月03日 97 108
2017年04月04日 75 94
2017年04月05日 37 85
2017年04月06日 38 76

予言ではありませんが・・・・予測として

■4月10日±3日 

・南太平洋M7.0超

・国内M6.0以上

とします。

こころなしか、我が家の人間体感機の「頭痛」が全く無いのが

最近の「ハズレ」とリンクするのが非常にオカルチックで

素敵です。頭痛が再発した時の条件整合が来た時、改めてマジモン警報を

記したいと思っております。

(今回は中規模ではないかと思います)

また

「鎮静化」といっても、依然太陽表面はコロナホールの出現で活性化の状態であるのは

変わらないのかもしれないとも思います。

太陽黒点数・F10.7が減少傾向というだけで、昨今もMクラスのフレアが発生しています。

太陽風は

最大の「X級」 中級「M級」 小規模「C級」

と分かれていますが、Xの発生は今後もほぼ無いと思いますが

この鎮静化時期にM級が発生した事は大きな意味があるのかもしれない

と思う次第です。規模はわかりませんが、世界各地でのオーロラも観測された模様です。

継続観察していきたいと思います。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク